技術職であり、接客業でもあるネイリスト。
そのため、施術にだけ集中していれば良い、という訳ではありません。
ネイリストの仕事は、会話も重要。
コミュニケーション力を身につけ、転職に役立てましょう。

転職時には客層のチェックが重要

「働いているサロンの客層が、明らかに自分と合っていない」
「話を合わせようとしても、会話が弾まない」
といった理由で転職を考えるネイリストが少なくありません。
コミュニケーションが難しい場合、接客が苦痛になってしまいますよね。
お客様の客層が、
「若すぎる、年上過ぎる」
「派手過ぎる、地味過ぎる」
「カジュアル過ぎる、上品すぎる」
など、自分に合う客層は、それぞれ違うもの。
そんな時には、好きなファッションエリアや、お客様に同年代層が多いサロンを選びましょう。
転職したい街を決めたら、周りを歩いているのはどんな女性か眺めてみて下さい。
実際にその街にあるサロンへ足を運んでみるのも良いですね。
客層の合うサロンなら、スタッフとの関係も良好になるものです。
無理をし過ぎて、健康を損なってしまったら大問題。
転職は誰でも経験しているもの。
心が元気なうちに、転職を考えてみるのも、一つの手段です。

コミュニケーションで悩んだらここを改善!

客層が合うサロンへ転職しても、全てのお客様と会話が弾む訳ではありません。
中には、違う年代、好みと全く違うファッション、というお客様もいるでしょう。
そんな時には、
「接客の困った……」
を改善するテクニックが役に立ちます。
今すぐできることばかりですので、是非試してみて下さいね。
まず、お喋り好きなお客様なら、話をとことん聞くようにしましょう。
ネイリストは聞き役に徹し、笑顔で相槌を打つだけで、お客様が嬉しい気持ちになるでしょう。
心の底から、お客様へ興味を持つようにすると良いですね。
会話に詰まってしまったら、ネイルの話でコミュニケーションを取りましょう。
どんなお客様でも、必ず共通している“ネイルが好き”という点を生かします。
ネイルの豆知識、ホームケアについて、持ちが良くなる方法などを話せば、お客様はきっと興味を持って下さいますよ。
「ネイルについて、質問などはございませんか?」
「爪の健康状態について心配に思うことはありませんか?」
「最近、気になっているデザインはありますか?」
などの話を、こちらから投げかけてみましょう。
大好きなネイルの話なら、会話が盛り上がること間違いなしです。

さいごに

世代や趣味が違う、お客様とのコミュニケーションは、本当に難しいもの。
「努力したけれど、どうしても無理……」
という場合には転職を視野に入れてみましょう。
コミュニケーション能力の高い、店長の下で働くのも良いですね。
同じ空間で過ごせば、自然とトーク力が鍛えられますよ。

  • 1